ぼんくら解体新書

はぐれぼんくら超人の日常

銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」

f:id:remon125cc:20170629200921j:image

 

まず、

2日前くらいですかね、ラジオでエンジェルベイビーが流れまして、銀杏BOYZが好きな、峯田が好きな、曲が好きな、色んな想いを持った方々が曲を聞いて、考えたことがあると思います。

僕はライブで初めて聞いたのでもう拝聴済みでしたが、思うことはあったのでツイッターに呟こうとしたんですけど、文章が長くなりすぎるのと、誤解されたら嫌なのでので、ここで際限なく書こうと思います。

 

エンジェルベイビー

結論から言うと僕はノレなかったです。

歌詞も音も曲名も、ノレなかったです。

ただ、ツイッターで色々漁ってたりして1つ面白いなと感じることはありました。それは後々。

 

エンジェルベイビー聞いて良い!てなる人と、何かしらマイナスの意味で思うことがある人と、2極化してると思います。

僕は後者なんですけど、エンジェルベイビーを聞いてて何が違和感かって歌詞があまり面白くないと感じました。

曲を聴いて、歌詞を見て何かを気付かされたり、新たに発見したりってのが無いし、こんな表現の仕方が!とか、今まで想像できなかった情景が曲を聴くと思い浮かべるとか、あと、言葉選びも美しいな、楽しいなってのがあまり感じなかったです。

同じバンドの曲やから比べて良いと思うんですけど、夢で逢えたらの歌詞は一節一節が綺麗やし言葉的にも面白いと思います。 

 「僕の汗の匂いが君にバレたような気がした」とかすげえセンスやと思います。
「君に彼氏がいたら悲しいけど、君が好きだというそれだけで僕は嬉しいのさ」

とかも最高ですね
悲しいけど、嬉しい、凄い面白い


僕は歌詞にはそういう面白さを求めます。

まあでも聴き方なんて人それぞれですから、僕はノレなかった、てだけなんです

 

人によっては良い歌詞、良い曲なんかもしれんけど、面白く無いと感じてしまった。

理解して欲しいのはノレない人間はただ今の銀杏BOYZを批判したいんじゃなくて、悲しいってことです。
思ってたんと違うし、新しい姿に自分が対応できない、それが悲しいんです、置いてけぼり感と、あれ、おれ若いけど老害なのか?て感じる、まさかこんなことになるとは思ってなかったです、


何で新しい銀杏に対応できないかっていうたら僕はそういう人間様やからなんでしょうけどね。ああ

 

 

エンジェルベイビーの

歌詞の 「傷だらけの青春」とか「気付いたらあの娘を思ってた」とかかつての銀杏っぽくもあると思うんですけど、何か自分にハマってこない。

勝手に僕が頭の中で銀杏BOYZ像を想像して、たぶん、その想像するときの最初の1度がズレてしまって、大きくズレることになったのかもしれない。

でも、想像とは違えどそれだけ銀杏BOYZのことは考えてきたし思い入れも、新たな銀杏にノレる人と同じくらいあると、思う。

それに、「ラジオからロックンロール」がって、そういうのは今まで何回も色んなバンド色んな曲で歌われてきたと思うし、音楽聴いてたらそれはわかる、ただその感情を伝えるにしてはあまりにも、言葉が直接的すぎると思う。
もうそういうのはわかってるやんって。

 

ラジオからロックンロールがとか、死ぬほど色んな伝え方で色んな歌手により歌われてきたロックとの出会いみたいなの歌うなら、援助交際の新しいバージョンで、歌詞のメールアドレスをiDに変えたのも、余計に腹立ってくる

時代に合わせるか、合わせないか、

一貫して欲しい。でも銀杏は明らかに変わってる。

壊すのも一貫、形を変えないのも一貫するてのがある、一貫してない感じが正直もどかしい。

あと、世界は変えられないんか、それとも変えるんか問題
これは峯田は自分じゃ世界を変えれないと気付いたけど、ロックンロールで世界は変えれるってのを信じてるんやと思う
それって峯田からしたら悲しいかもしれん。自分じゃ無理、でも自分はロックンロールで自分の世界は変わった。

 

そういうことやろうけど、僕が心底思うのは「僕たちは世界を変えることができない」と「エンジェルベイビー」の発表した順が逆ならめっちゃ面白かったと思うんです。

 

「僕たちは世界を変えられない」て歌って、何年後かに「ロックンロールは世界を変えて」てより、希望を歌ったあとでの、世界は変えられないって方が、凄く良いと思う

これは結果論やからなんぼ言うてもしょうがないけどね。

 

たぶん、順番が逆でも「世界は変えられない、けどロックンロールで自分の世界は変わった」

て2曲を汲み取って1つのメッセージになる。

 

ただ、この現行の順番やと誤解も生まれると思いました。

そらね、世界は変えれない〜ゆーて、数年後、ロックンロールは世界を変えて〜ゆーて歌ったら、どないやねん!?てなるでしょうよ、

 

エンジェルベイビーのMVの動画が発表されましたね

 ミスiD2014グランプリの蒼波純さんが出演しています。

f:id:remon125cc:20170629190925j:image

 

監督は松居大悟さんで大森靖子さんの曲のMVでも監督経験があり、そのときも蒼波純さんが出演しています。大森靖子さんはミスiDの審査員ですし、なんか、色濃く繋がりができてきたなってのは思いますけど、それは別に何も問題じゃない、

ツイッターで色々漁っててね、同じくミスiD審査員の吉田豪さんのつぶやきを見ました

f:id:remon125cc:20170629191909j:image

 

これは蒼波純さんに向けてというより、審査員としてミスiDを総じて語ってると思うんですけど、なるほど、人生の敗者復活戦かと、

根をしっかり持ってたり、何かを持ってたり、闇を持ってる、知ってる人ってのは凄く魅力があります。やからこそそこには光が見えるわけですしね

蒼波純さんはエンジェルベイビーのMVにめっちゃ合ってると思うんですよ、歌詞的にも

これは凄く良いなと思いました。

エンジェルベイビーにぴったりの子がロックンロールは世界を変えてって歌詞の曲のMVに出る、そういう一連の流れってのが凄く出来てて面白いなと思いました。

 

ただ、その事象としては面白いけど、それは曲に付随してくる面白さであって、曲だけでいうと...て感じなんです。

ああほんとに、ノレないのが悲しいよ

 

おれもほんまは新譜楽しみにしたいよ

 

こいつ偉そうに曲を評しやがってとか思われてるかもしれませんが、仕方ない、譲れないんですよ

 なんか、違うってこと、その理由があるんです。

峯田は役者をして何役もして、ドラマや映画の中で自分を変えて演じるという才能を表現をしてきましたけど、音楽は役じゃなく、本人なので、姿(音楽性)を変えるのは凄く大変やし、そこにはファンがいるので納得できないひとも出てきます、

 

このもどかしさってのどうにかならないですかね?

武道館、武道館どうしようかなあ

この前のライブで悲しいことにだいぶ、銀杏に対して引きずる思いができましたし、

最近の2極化の感じや温度差とか見てたら辛くなるし、こんなことブログで書いちゃうし

ああ、僕は新譜を嬉しく待つファンでいたいのに

 

なんか、そういうねちねちした感じも自分で腹立ってくるし、なんなんでしょうね

どんどんたまってくなあ

 銀杏BOYZが本気で好きなだけなんですけどね

 おわり

f:id:remon125cc:20170629202059j:image

f:id:remon125cc:20170629201041j:image