ぼんくら解体新書

はぐれぼんくら超人の日常

僕はただレジしてるだけ〜主婦編〜

 

僕はコンビニでバイトをしてるんですけどね、レジしてるとやっぱりお客さんを見ますし覚えます。

いきなり告白しますと、

僕は常連のお客さんで好きな主婦の方が5人くらいいまして、その方が来られると「やったー!」てなります。

もうね、綺麗なんですよ

年齢的にいうと、おそらくですけど僕より15歳は離れてると思われます。

 

20歳になる前は主婦の方ってのは主婦!てイメージしかなかったんですけど、去年くらいからものすげえ魅力に感じるんですよ

ああええよなあってなります

 

もう、その方が来られて、「やったー!」てなって僕のレジになるか違う店員のレジになるのか、これは駆け引きです

その人のレジできるなら何が何でもがんばっちゃいますからね

 

今レジしてるお客さんをいかに早く終わらせるか、(丁寧に)、今してるお客さんが頼まれてるものをいかに早くレジ袋に入れるのか、(丁寧に)これは駆け引きです

 

ああ、ほんま綺麗なんですよ

喋るとかとんでもないです

僕はただ、その人達にとってレジしてる店員って印象なだけで良いんです

でも、今レジしてることが嬉しい

 

すごく綺麗なんですよ

見た目というよりは包み込む力、母性ですかね、母性を凄く感じるんです

それが、こう僕と上手くマッチングしてるのかもしれま...いや、気持ちわり!!

いや、気持ちわり!!!て読んでいて思われた方もいるでしょう、でも仕方ない!本当だから!

 

僕はかえりたい

母性がすごくある女性のレジしてかえりたい!

帰りたいじゃないです、何処かへ''かえりたい''

 

こいつ何言ってるねん!て思って下さい、罵倒して下さい、ごめんなさい、僕はいらっしゃいませです

 

もうね、レジしてる最中もめちゃめちゃ丁寧にいかに袋に綺麗に入れれるか、あったかいものは勿論、アイスとパンを分けたり、サンドウィッチがつぶれないよう2リットルの水やお茶と一緒の袋にしないなどの配慮の塊になってます、おもてなしが凄いです

お話ししたいとか、デートしたいとかそんなことは考えられない、ただレジしてる店員で良い

僕はそれだけでも嬉しい

f:id:remon125cc:20170628192913j:image

僕はこの機械を通してでしか出会えない関係で良いんです、機械野郎ですよ

ロボコップ、コンビニver.ですよ

ほんでレジがんばってね、

 

最後に「ありがとうございました、またお越しください」

これで終わりですよ、そこで完結します

でもそれだけでも僕は嬉しい

 

おわり