ぼんくら解体新書

はぐれぼんくら超人の日常

銀杏BOYZ「SKOOL KILL 」と高校時代

f:id:remon125cc:20170909161018j:image

僕が銀杏BOYZを好きになったのは高校生のとき全く銀杏を知らない頃にyoutubeで「援助交際」のpvを見まして、そっからぶちのめされてハマったんですけど、もう一曲、ぶちのめされた曲がありましてそれは「SKOOL KILL」です。

 

もうね、援助交際聞いていい感じやなあって思いながらyoutubeで何曲かライブの動画とか見ててその中に「SKOOL KILL」がありましてね。なんとなく見てみたんですよ、

そしたら松葉杖つきながら上半身裸の峯田が「ときめきたいたりゃありゃしねえええ!!!」て歌ってて、もう、衝撃が走って意味わからんながら心を鷲掴みにされました

 

ほんで、歌詞は詳しくは聞き取れないけど、松葉杖つきながら上半身裸で暴れてめちゃくちゃにして、村井守もあびちゃんもチンくんも暴れてて、峯田がカメラ舐めたりして、もう、なんやこの人たちはと、ほんで聞いててしっかり聞き取れる歌詞で「僕はストーカーなんかじゃないよ そのへんの奴らと一緒にしないでくれよ」て聞こえて、ばちこーんて殴られたみたいな、なんかすげえ真っ直ぐで、エネルギーはあるのに使い方がわからないとか、間違った方向にいってるみたいな、そんな歌詞の中の彼が自分に思えて仕方がなかったんですよ。

ほんでしっかりと歌詞を見てみようと思って、携帯で歌詞見ながらパソコンでもう一回聴いてみたんです。

そんときの感じを未だに覚えてるんですけど完全に俺のための曲やないか!!てなったんです、援助交際もそうなんですけど、もう、完全に俺のための曲やと思ってて、俺のために歌ってくれてるってすげえ思ってました。

 

ここで話は僕の高校生の頃になりまして(これは銀杏を知らない頃の話です)

僕は高校生の頃、彼女は勿論いなくて女子とも全然喋らなくて、というか、喋れなくて、でも女子と話したくて、あいつらオシャレ野郎は女子ときゃっきゃしてるし、全然面白くない奴がクラスでちやほやされたり、それも面白いと楽しいの違いがわからない取り巻きがわんさかいたりで、不満だらけの学生生活でした。

 

高校2年生の頃にクラスで隣になった女子が、それまで見かけたことない人やったんですけど、一目惚れしまして、なんとか近づきたいけど、やっぱり僕みたいな不満だらけのくせに何も自分から動かないようなやつは何にもできなかったわけですよ、でも、なんとか打破したいと、とりあえず直接話すなんて機会は無いですしどうしようかと思い、そんとき僕は何故か手紙を書いたんですよ

 

僕はその娘に手紙を書きました、はい、書くならまあできますよね、そのあとです、

 

どうやって渡すんやっ!これ!

書いたのはいいけど、どうやって渡すんやっ!

 

もうね、なんせタイミングがわからんし、その娘に集中しすぎて冷静な判断できひんしで、僕は気付いたら学年1、お喋りな女子がその娘と放課後、廊下で歩いてるときに渡してたんです

だって、タイミングが無いから!!!

机とか下駄箱に入れとくってのは僕は嫌だったんです、直接渡したくて、そうなりました。

もう、手紙の紙選びから封筒みたいなやつ選びまですげえ悩んだんですよ

できる限り気持ち悪い感じにならないよう僕は心がけました。

文具屋でシンプルすぎるのはあかんしなあって1時間くらい悩みましたよ。

 

ほんで書いた手紙、メールアドレスとLINEのiDも書いてたのでその日はずっと携帯を片手に待ってました

まあ来ないんですけどね、そっから何もメッセージなんかはこないし、直接なんか言われるとかも無いし、誰かにひやかされるも無かったんですよ

もう、僕はその程度なんです

クラスで弄られ系のやつならネタにされるやろし、まあまあキャラあるやつなら噂されてるでしょ

僕は何もないんですよ

 

その、何もない状態を打破しようとしてあがいても何も起こらなかったんです

 

それから2週間後くらいですかねえ。

僕が何故か1人でトイレ掃除させられてたときに、ちらって外見たんですよ、

そんときにね、同じクラスやったサッカー部の人気やった男子と、その娘が仲良く笑いながら帰ってたんですよ

ああ、あんときの景色もマジで覚えてますねえ。付き合ってるかはわからないけどそんなの見ちゃったら、見ちゃったらあかんでしょ

その日は学校で絶望に立たされて、帰るときに時期的に夏やったんで花火大会が遠くでやってて、その花火があがって開いて消えてく、その光景を見たんですね、

ほんで寝るときもなんかいたたまれなくなってオナニーしたのすげえ覚えてます

オナニーくらいしか、もう僕にはできなかったんですよ

そして、一年後くらいにサッカー部とその娘は付き合ってたということを知りました。

 

そういう体験を僕はしてて、話は戻りまして銀杏BOYZのSKOOL KILLの歌詞を見ながら峯田が歌う姿を見まして、完全にぶちのめされたんですよ。

僕はね、クラスで何者でもなくて何か起こしたくて、それを打破するために手紙渡して、結果何も起こらなかったんです。

僕はそんなもんやったんですよ、

でも僕でも銀杏聴いて、音楽にぶちのめされることはできるんですよ。

 

銀杏のSKOOL KILLの良さってのはこないだつぶやいたことと被りますけど、もうね、絶対叶わないような恋したやつが妄想繰り返して、ストーカーみたいなことしちゃうんですけど、それも彼はあの娘に何かしたいとかより、「ソフトクリームを一緒に食べたいだけ」なんですよ

あの娘を好きなだけで、苦しめられて悩んで、でも近づけない、間違ったこともしたけど、全部、あの娘とソフトクリーム食べたいだけなんよなあ。

 

「悲しい事件や争いごとが世の中いっぱいあるけど君がそばにいてくれたらもう平和なのさ」

 

でも、結局、あの娘はサッカー部とかオシャレ野郎の元へいくんですよ。オシャレ野郎はあの娘のお尻に手を当てるし、ソフトクリームを一緒に食べたいだけで、あの娘を好きなだけで苦しめられて、結局、逃げてCD万引きしちゃう

 

CD万引きしたのは間違いやけど、彼の気持ちすげえわかるよ

最初からなんか知らんけど泣いてる恋愛曲ってありますけど、SKOOL KILLの彼はたぶん恋とかあんまししたことなくて、恋愛で涙なんか出るわけねえだろ!みたいな感じやったと思うんですよ、でもあの娘に出会って、ぼろぼろになって最後に泣くも、ただ単に泣いた とかじゃなくて、「涙ってほんとにでるんだね」てとこが良い

涙を流した後に、実感してる感じ。

ああ、

 

何にもなれないけど、音楽にぶちのめされることができるなら別にいいかもしれないよってことを銀杏BOYZは教えてくれましたねえ

 

 

正直、高校時代に恋愛したことあって童貞喪失して制服セックスできてって人と、恋愛においてぼこぼこのやつと、比べても〜やったから成功したとか、幸せになったとかあんまし関係無いと思うんですよ

ただ単にその星の元に自分が生まれたってだけでしょうし、因果的なものは変えれないと思うんですね、でもなんとかやっていくしかないんですよ、我々は。

過去のそうした日々や、今感じる不憫な日常、それらとうまくやってくしかないんですね

ほんと、これからも色んなことがあるでしょうけど、SKOOL KILLや援助交際聴いて、銀杏BOYZに見せられたあの日々は忘れたくないな

 

最後までどうもありがとうございました。

f:id:remon125cc:20170716222959j:image